主照明と補助照明

主照明と補助照明について

照明には、部屋全体を照らす主照明と、明るさを足したり雰囲気を演出したりするために補助的に使用する明かりである補助照明に分けられます。

 

主照明とは

主照明には、天井に直付けし部屋全体が均一な明るさになり空間を広く見せる効果のある シーリングライト、天井に埋め込まれ天井面をすっきりと演出でき必要な場所に必要な光を届けてくれる ダウンライト、天井から吊り下げられガラスや金属などで華やかな雰囲気をつくり出す シャンデリアなどがあります。


補助照明とは

補助照明には、光の方向を自由に変えることができ、集光性が高く対象物を効果的に引き立たせるアクセント照明の スポットライト、夜間でも安全に歩けるように、廊下や階段の昇り口・降り口などの壁の足元廻りに取り付ける フットライト(足元灯)、部屋に奥行きが生じ、広く見せる効果がある ブラケット、オブジェとしてのインテリア効果もあり、部屋のコーナーやテーブルの脇などに置く背の高いものと、床面を照らして落ち着き感を出す背の低いものがある スタンドライトフロアライト などがあります。

「1室1灯」から「1室多灯」への切り換えのススメ

日本の家庭の照明は、部屋の天井中央に蛍光灯などの主照明が一つだけ付いており、それで部屋全体を照らす“1室1灯”が現在の主流になっています。

 

 

これは、設計や施工が容易で部屋全体を効率的に明るくすることができるメリットがある反面、単一の光のため平面的で冷たい印象になりがちです。

 

主照明だけではライフスタイルの多様化に対応できないため、主照明と補助照明を組み合わせて、一つの部屋に複数の照明器具を配置し、適所に適光を適時に配光し、部屋の雰囲気を演出することができる“1室多灯”がおすすめです。

 

リビングでは、主照明のシーリングライトと補助照明のスタンドライトやフロアライトを組み合わせて、シーンごとに空間演出をしたり、寝室(ベッドルーム)ではフロアライトをメイン使用に置いたりと、“1室多灯”にすることで、照明による空間演出の幅を大きく広げることができます。

補助照明に最適な間接照明ライト

在庫限り!オシャレなスタンドライト エース<Ace>

ロングセラー商品として2万本を売り上げた超人気のスタンドライト。しかし、残念ながら石油・人件費等の高騰により生産終了が決定しており在庫限りの販売。残り少なくなっていますので、オシャレな間接照明をお探しなら、お早めにご購入ください。見てください、このカッコよさ。はっきり言って、絶対後悔させません!>>...

 

フロアライト部門1位 <Hazy Moon>

The間接照明のようなフロアライト。フロアライト部門で人気No.1商品<Hazy Moon>丸い形とぼんやりとした白熱灯の優しい光。ただの真ん丸という形をした飾りっ気の無いデザインですが、丸だからこその優しい光を生みだします。ぽんと置いてスイッチを入れるだけで引き込まれるような雰囲気を作り出すから不...

 

 

間接照明


スタンドライト 天井照明 フロアライト 間接照明テクニック 間接照明に役立つ書籍